サイトニュース

【お詫び】システムからの不要な通知発信について / [Apology] Unnecessary notifications sent from the system

【お詫び】システムからの不要な通知発信について / [Apology] Unnecessary notifications sent from the system

by M2B Office -
Number of replies: 0

Moodleコースに教師ロールで登録されている皆様:

1月22日(金)夕方〜1月24日(日)13:30頃に「九州大学M2B事務局(Moodle-test2)」から下記のようなメール(件名: 「○○○○○○○○コースでリスクのある学生」)をお受け取りの場合は、お手数をおかけして申し訳ございませんが、メールを破棄いただきますようお願い申し上げます。

件名: ○○○○○○○○コースでリスクのある学生

○○さん

○○○○○○○○の多くの学生がコースにアクセスしていません。

[洞察を表示する]

このメールは、1月22日(金)に管理用Moodleシステム(Moodle-test2)のバージョンアップを行ったタイミングで「Moodleラーニングアナリティクス」の機能がONになり、この機能をOFFにするまで(1月24日(日)13:30頃まで)のあいだ自動的に教師ロールユーザに送信されたものです。

ご利用の皆さまには、大変ご不便、ご迷惑をおかけしましたことを深く お詫び申し上げます。

今後、再発防止に向け万全を期すとともに、皆さまへの 一層のサービス向上に取組んでまいります。

*** *** *** *** *** *** *** *** *** ***

Everyone registered in the Moodle courses with the teacher role: 

You might have received messages that look like the following, with the subject "Subject: Student at risk in ○○○○○○○○ course" and from “九州大学M2B事務局(Moodle-test2),” during the period between the evening of January 22nd (Friday) and around 13:30 on January 24th (Sunday). We apologize for any inconveniences caused by this, and would like to kindly ask you to discard such messages if you received them.

Subject: Student at risk in ○○○○○○○○ course

Hi ○○, 

A number of students in ○○○○○○○○ have not accessed the course recently.

[View insight]

This email is a function of "Moodle Learning Analytics.” When our internal system for managing Moodle environments (Moodle-test2) was upgraded on January 22 (Friday), this function was turned on and automatically sent such messages to the teacher role users until it was inactivated (i.e., until around 13:30 on Sunday, January 24).

We sincerely apologize for the inconvenience caused by this.