サイトニュース

公認欠席(公欠)の入力・確認方法について/how to record & check "official absence" (「公欠」)

公認欠席(公欠)の入力・確認方法について/how to record & check "official absence" (「公欠」)

by M2B Office -
Number of replies: 0

いつもM2Bシステムをご利用いただきありがとうございます。
Moodleのコース内で自動出欠ブロックを利用している際の「公欠」の入力方法について御紹介致します。

Moodle上の操作方法(教員)(コース内自動出欠ブロックがある事が前提です)

  1. 担当講義のコースを開き、出欠レポートから該当の講義日をクリック
  2. 該当の学生を「出席」に手動で変更、備考欄に「公欠」などと記載して画面下”OK”をクリック
  3. 「出欠が正常に取られました」というメッセージが画面に表示されたら完了
出欠レポートのダウンロードファイルに備考欄は記載されません。確認はMoodle上で行ってください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Thank you for using the M2B system.

If you teach a course using Moodle, you might have encountered a situation in which you wanted to record students' official absence "公欠" on Moodle.
One way to do it is as follows:Assuming your course has an Attendance Block,

  1. Open the course page and click on the corresponding date of the class in "Report"(「出欠レポート」)
  2. Find the student and change the student's status to P (Present), then write "official absence" in the Remarks field. Click "OK"
  3. If you see a message "Attendance has been successfully take", you are done.
The Remarks filed is not included when you download the attendance data. Please check it on Moodle instead.